幼虫か、それともコオロギか。

先日、子供達が話していたのを聞いて、私自身が真剣に考えた事がある。それは…もし幼虫か、コオロギのどちらかしか食べ物がなければ、どっちを食べるか?というものだ。以前テレビで、幼虫を食べた人が、コーンスープのような味だと言っていた。世界のはてまで…でイモトが生きたコオロギを食べているのも見たが、もちろん、美味しそうではなかった。

想像してみて、完全にどっちも無理だと思ったが、子供達は話し合いの結果、コオロギだと言っていた。どちらにせよ、生…踊り食いじゃなければ…からっと揚げて、形が分かりにくくなれば食べれるかもしれない。そんな状況になった時点で、かなりのサバイバルだから、どっちも美味しく食べれるのかもしれないなぁと思いながら、唐揚げを揚げた。

幼虫も、コオロギも、どこかの国のどこかの民族が、普通に食べているわけだから、今の自分は恵まれているんだと感謝しながら、今日も美味しいご飯をいただこうと思う。